恥ずかしい過去→俳句人生の記録 @おウチde俳句

またまた、夏井いつき組長の新しい本が出版されました。

夏井いつきのおウチde俳句

発売されたのは2018年10月8日ですが、この本に載せるための俳句の募集は以下のように2017年の3月〜4月にブログ上で行われていました。

1. リビング
http://100nenhaiku.marukobo.com/?eid=1293845

2. 台所
http://100nenhaiku.marukobo.com/?eid=1293856

3. 寝室
http://100nenhaiku.marukobo.com/?eid=1293866

4. 玄関
http://100nenhaiku.marukobo.com/?eid=1293875

5. 風呂
http://100nenhaiku.marukobo.com/?eid=1293882

6. トイレ
http://100nenhaiku.marukobo.com/?eid=1293891

当時、私はプレバトを見て俳句に興味を持ち出し、自分でも詠んでみようか?と思っていた頃で、3番目の「寝室」に送った一句が人生初の投句でした。
残念ながらその句はボツだったのですが、なななんと6番目の「トイレ」に送った句のうち二つもが「秀作」に採って頂けてました。二つ目の句に至ってはサンプルとして本文中でも紹介されトイレと書かずにトイレとわかるのが「巧い作り方」と褒めて頂けてました。

ワンルーム便器相手の初湯かな 洒落神戸
腰掛けて真っ直ぐ先に初暦   洒落神戸

この企画、ブログ上にコメントするという投句のため、ボツになった句までいつまでもずっと見られてしまうのが恥ずかしいところ。こうやって本に載せていただくまでは、もう恥ずかしいから消して〜と思ってたんですが、もう自分の俳句人生の記録として残しておくしかないですね (^^;

夏井いつきの「月」の歳時記

9月4日に組長(夏井いつき先生)の新しい本が発売されたのでそのお知らせ。

挨拶記事にも書いたように去年から俳句ポスト365や夏井いつきの一句一遊に投句してるのですが、それ以外にもNHK俳句やその他単発の投句募集などにも投句しています。
その中の一つが組長の、「」の歳時記シリーズ。去年の冬から季節毎に「雪」「花」(桜)「時鳥」と発売されて今回4巻目、最終巻となる「月」の歳時記が発売されました。

この本、有名な俳人の名句に混ざって投句から選ばれた句も載るのが特徴。
一般の方の句は「特選」「入選」「佳作(「雪」の歳時記のみ)」と分けられるのですが、この「特選」のうち一部が有名俳人の句と同様に写真入りのページに載るんです(それ以外は巻末に列記)。
私は毎回投句してまして

夏井いつきの「雪」の歳時記:入選
夏井いつきの「花」の歳時記:特選
夏井いつきの「時鳥」の歳時記 :入選

そして何と今回、特選でしかも写真ページ(p.37)に載せて頂きました。

外国の冒険譚や月青し 洒落神戸

実はこの歳時記には妻も投稿してまして、妻はこれまで「花」と「時鳥」で二度も写真ページに載ってるんですよね〜
最後の最後に夫(俳句の世界ではこちらも「つま」と読む事があります)の面目躍如です (^^;

写真が綺麗で有名俳人や市井の俳人の名句がたくさん載っているので是非チェックしてみてください。