一句一遊兼題一覧(2019年1月13日、1月27日〆切分)

南海放送ラジオ「夏井いつきの一句一遊」の兼題一覧です。
「夏井いつきの一句一遊」は南海放送ラジオ以外にradikoでも聴くことができます(愛媛県外の場合は有料契約が必要)。また、2018年10月1日よりSBCラジオ(信越放送)でも聴くことができます(「情報わんさかGOGOワイド!らじ★カン」内、14:50〜15:00)。

各兼題をクリックするとメーラー(メイルソフト)が起動します。

【1月13日〆切】

玉子酒/たまござけ (三冬/人事)
清酒に卵黄と砂糖を加えて熱くしたもので、冬季、風邪薬として飲用される。「かりに著る女の羽織玉子酒」(高浜虚子)のように艶っぽい句、ユーモラスな句が多い。
寒苦鳥/かんくどり (三冬/動物)
経文中の説話の中にある想像上の鳥の名前。この鳥は寒夜、メスは「寒苦必至」、オスは「夜明造巣」と鳴いているが、朝日がさして暖かくなると怠けて巣を造らない。なお、ラジオでは「かんくどり」と読んでいたが、講談社カラー版新日本大歳時記では「かんくちょう/かんくてう」の読みしか載っていない。(追記)「絶滅寸前季語辞典」(夏井いつき著)でも「かんくちょう」と表記されている。

【1月27日〆切】

セ (フジセキュリティの「セ」)
カタカナ一文字シリーズ
必ず指定の「カタカナ」(今回は「セ」)を入れる事。その音が入っていても漢字(例:「背」)・ひらがな(「せ」)の表記にするのは不可。
春暁/しゅんぎょう (三春/時候) 
【傍題】 春の暁、春の曙、春曙、春の夜明、春の朝明
春の明け方の時刻をいう。あかつき、あさぼらけ等の大和言葉の柔らかな響きに対して「しゅんぎょう」という読みには漢文学的な引き締まった語感がある。

【注意事項】

  • 1つのメールには1つ(一週分)の兼題に対する投句のみ記入してください。複数の兼題への投句を1つのメールに混在させないでください。
  • 1つ(一週分)の兼題に対する投句は極力1つのメールにまとめてください。1つの兼題に対する投句を複数のメールに分けると選句時に手間がかかります。
  • 俳号には「ふりがな」をつけましょう。
  • 投句前に「環境依存文字」のチェックをしましょう。「機種依存文字チェッカー」
  • 俳句は五七五の間を空けず一行で書きましょう(改行を入れない&スペースを空けない)

季語の説明は「講談社 カラー版 新日本大歳時記」を参考に記載しています。個人の趣味として作っているページです。間違いなど無いように注意しておりますが、兼題や〆切については実際のラジオ放送や「落書き俳句ノート」(ボランティアによる聞き書きサイト)などでもご確認をお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。